注目の不動産投資に挑戦|シノケンハーモニーの評判も

投資に人気な建物

集合住宅

少なくとも人口の動きをみておこう

不動産投資で失敗をしないようにしたいのであれば、中古ワンルームマンションで運用をしましょう。1棟アパートでの不動産投資も悪くないですが、最初は流動性も高く、価格も手ごろな中古ワンルームマンションで様子を見るべきです。中古ワンルームマンションであれば、失敗した時にきちんと手じまいができ、それほど損失が大きくなりません。対象を中古ワンルームマンションに絞ったら、次にやるべきことは人口の流出入チェックです。どこの自治体に人口が流入していて、どこのエリアが過疎化しているかということを調べましょう。人口の流出入についてはインターネットで簡単に検索をすることができます。自分が気になるエリアからチェックしていくと良いです。

単身者向け住居はひっ迫します

人口が減少している時代において人口が流入しているエリアと流出しているエリアは二極化してきています。人口が流入しているエリアでは、再開発が盛んに行われ、商業施設が進出し、交通網も整備されます。そのためさらに利便性が向上し、街の魅力が増すのです。人が集まるエリアに所在する中古ワンルームマンションを選べば、空室リスクが小さくなります。なぜならば、再開発で建設されるマンションはファミリー向けが多く、一方で単身者向けのマンションは少ないため、需給がひっ迫するのです。不動産の価値は人口密度で決まると言っても過言ではありません。不動産投資を始めるのであれば、少々価格が高くても人口が増えているエリアの中古ワンルームマンションを買うべきなのです。