注目の不動産投資に挑戦|シノケンハーモニーの評判も

海外不動産投資の事情

女性

今アジアがアツい

日本の不動産市場は盛況を見せていますが、一方で海外不動産投資市場も活発化しています。特にマレーシア、フィリピンなどのアジアの新興国に対する不動産投資が増加し、セミナーも頻繁に行われています。まず日本ではアベノミクスの影響により景気は回復しつつあっても高い成長は望めないのに対し、新興国は確実に経済成長をしています。そうなると必然的に人口が増え不動産の需要も増え、価格が上がる、というカラクリです。現在円安で海外投資がしやすいのも理由の一つでしょう。また海外不動産投資は資産分散の効果もあります。このままだと人口減少、借金大国の日本の円は暴落する可能性があります。円以外の資産を持っておくことでそのリスクを抑えることができます。そのため現在の景気が続くかぎり、海外不動産投資も続いていくと思われます。

海外ならではの注意点

海外不動産投資で検索するとたくさんの仲介業者がヒットします。それと同じくらいセミナーも各地で行われています。ただし日本の不動産投資以上に注意点がたくさんあります。まず政権や首長が変わることにより、外国人に対する不動産取引の制度に大幅な変化があるかもしれないこと(カントリーリスクと言います)、新興国の不動産取引は発展途上であること(登記制度がきちんとしていない)などが挙げられます。これらは日本の不動産取引にはない注意点ですね。また海外不動産投資は数十年後の大幅な値上がりを期待してするものですが、その間の維持費もきちんと把握しておく必要があります。また東京のようにいくとは限らないというリスクも当然あります。このように海外不動産投資は日本とは違うということを理解する必要があるでしょう。