注目の不動産投資に挑戦|シノケンハーモニーの評判も

壁を乗り越える

貯金箱

スケールメリットを享受できます

不動産投資をするのであれば1棟アパートやマンションの保有を目指したいところです。なぜならば、規模の大きな物件で運用をすることで効率が上がるからです。効率が上がる大きな要因は管理費や修繕費の削減です。中古ワンルームマンションのような小さな物件の際にはこれらの費用額も小さいため、交渉の余地はありません。しかし、1棟物件であれば、その支払額も大きいため相手も交渉に応じざるを得ないのです。しかしながら、大型物件は当然その投資額も大きくなりがちです。都市部における鉄筋もしくは鉄骨構造の物件であれば1億や2億以上の物件が当たり前のように販売されています。この投資額の大きさから警戒する不動産投資家も少なくありません。

1棟物件は自分の意思を反映できます

しかし、その分、不動産投資の参入障壁が高いと言えるのです。中古ワンルームマンションは200万円から300万円もあれば、残りはローンを組むことで比較的容易に購入することも可能です。しかし、1億円の物件を買おうとした場合、担保価値にもよりますが、頭金が1000万円から3000万円は必要になります。また、年収も700万円から800万円以上がローン審査の目安となっていることが多いです。これらの条件を潜り抜けた人だけが手にすることができるのです。この大きな壁を越えて得られる果実も大きいです。また、1棟物件の場合、自分の意思を反映させやすいので、自分の工夫次第で不動産所得を増やすことができるというメリットもあります。